日本経済 謎の安定性 現状を経済指標使って分析

経済指標

日本は、東アジアに位置し、四季折々の美しい自然景観、古来からの伝統文化、そして先進的なテクノロジーが共存する国です。日本は世界有数の経済大国として知られ、その経済は多くの特徴を持っています。

日本の経済は、第二次世界大戦後の復興から急速に成長し、1960年代から1980年代にかけては「バブル経済」と呼ばれる時期には高度な成長を遂げました。この時期には、自動車産業(トヨタ、ホンダなど)、電子産業(ソニー、松下など)、そして重工業(三菱、三井など)などが世界的な成功を収めました。

しかし、1990年代にはバブル経済の崩壊に伴い、景気後退が起こり、以降、日本経済は安定成長と停滞の波を繰り返してきました。現在、日本は高齢化社会という課題に直面し、また、国内消費の低迷やデフレーションといった問題にも取り組んでいます。

一方で、日本は世界的な企業やブランドを多く輩出し、国際的な貿易と投資においても重要な役割を果たしています。また、日本政府はイノベーション、持続可能なエネルギー、デジタル技術の推進など、新たな経済成長の要因に焦点を当てており、今後の経済展望に期待が寄せられています。

うさぎ
うさぎ

経済の方を早速見てみましょう。

この記事を読むと、日本経済の状態がわかります。

結論と理由

データ表(クリック)

指標最新
数値
評価理由
01.国内総生産(GDP)前年比3.5%数値はめちゃ良い
02.完全失業率2.7%低水準で安定
03.鉱工業生産指数-3.8%×景気が悪化の兆し
04.消費者信頼感35.2変動が少なく
05.消費者物価(CPI)3.2%若干インフレ気味
06.生産者物価(PPI)3.2%若干インフレ気味
07.賃金上昇率1.1%インフレ率より低い
08.購買担当者景気(PMI)48.5悪化してきている
09.機械受注-13.0%×大幅に低下中
10.中央銀行政策金利-0.1%この水準で景気が悪い
11.為替(ドル/円)149.73輸入業は大変
12.日経平均株価30994上昇傾向

【結論】
日本経済は良い状況にあります。

【理由】

“現在、日本経済は円安と世界的なインフレの影響により、物価が上昇しています。
これにより、輸出業は好調な一方で
輸入コストの増加が国内の輸入業や一般国民に影響を及ぼし
格差が拡大しています。

ただし、総合的に見ると日本経済は好調であると評価できます。

一方で、他国が利上げを行いながらインフレを抑える中
日本はマイナス金利政策を維持し、インフレが収束しつつある状況です。
この状況は他国に比べて比較的良好であると言えますが
デフレ体質に逆戻りするリスクもあることは忘れてはなりません。

【今後の推測】
今後の展望として、コロナ禍による観光業の低迷が続いており
サービス業の回復が停滞している一方で
製造業のPMI指数の低下や機械受注の減少が見られるなど
景気のピークが過ぎ、下降傾向にある可能性があります。

1.GDP(国内総生産)

GDPは国の経済活動全体の価値を示す指標です。

国内で生み出されたすべての商品やサービスの総額を表します。

GDPの成長率は、経済の健全性を示す重要な要因です。

データ表(クリック)

期間前期比前年比
19Q10.6%0.1%
19Q20.3%0.4%
19Q30.4%0.6%
19Q4-1.8%1.2%
20Q1-0.6%0.9%
20Q2-7.9%1.3%
20Q35.3%1.2%
20Q42.8%0.3%
21Q1-1.0%-0.1%
21Q20.5%-1.1%
21Q3-0.9%-1.2%
21Q41.1%-1.3%
22Q1-0.1%-0.5%
22Q20.9%-0.3%
22Q3-0.2%-0.3%
22Q40.0%1.2%
23Q10.7%2.0%
23Q21.2%3.5%

日本のGDP成長率は、経済の成長や縮小の度合いを表す数字です。

コロナ前は1%以下で、それほど元気がなかった状態でした。

しかし、新型コロナウイルスの影響で2020年の2期には
GDP成長率が一時的に-7.9%まで下がりました。

これはコロナ禍が経済に大きな打撃を与えたことを意味します。

最近は円安の影響を受けて、日本のGDP成長率が大きく上昇しています。

円安は日本の製品が世界でより安くなるため、輸出が増えて経済が活性化します。

他国と異なり、日本では増税が行われていますが、金利の引き上げはまだ行われていません。
そのため、景気を冷やすような動きは現時点では見られません。
これにより、今後も経済が成長する可能性があります。

2.完全失業率

完全失業率は、失業率の一種です。しかし、ここで「完全」という言葉は特別な意味を持ちます。完全失業率は、本来働くつもりの人々が仕事がなく、そして本当に仕事を探している人々の割合を示します。これは、経済学的な用語で「摩擦失業」と「構造的失業」の要因を排除した失業率です。

完全失業率は、経済の健康状態や政府の雇用政策の効果を評価するために使用されます。低い完全失業率は、通常、経済が健康であり、多くの人々が仕事を持っていることを示します。一方、高い完全失業率は、経済の問題や労働市場の不調を示す兆候とされます。

データ表(クリック)
期間失業率期間失業率期間失業率
21/12.9%22/12.8%23/12.4%
21/22.9%22/22.7%23/22.6%
21/32.6%22/32.6%23/32.8%
21/42.8%22/42.5%23/42.6%
21/53.0%22/52.6%23/52.6%
21/62.9%22/62.6%23/62.5%
21/72.8%22/72.6%23/72.7%
21/82.8%22/82.5%23/82.7%
21/92.8%22/92.6%23/9 
21/102.7%22/102.6%23/10 
21/112.8%22/112.5%23/11 
21/122.7%22/122.5%23/12 

【最近の傾向】
最近のデータからわかるように
日本の完全失業率は2.5%〜3%と他の国に比べて比較的低い水準にあります。

これは日本の労働市場が比較的健全で
多くの人々が仕事を見つけることができていることを意味しています。

3.鉱工業生産指数

鉱工業生産指数(Industrial Production Index)は
ある国や地域内で製造業や鉱業などの産業部門で
生産される商品やサービスの総量の変動を示す経済指標です。

この指数は、特定の時間期間内における産業生産の変動を定量的に表現するために使用されます。

データ表(クリック)
期間前月比前年比
21/14.2%-5.3%
21/2-2.1%-2.6%
21/32.2%4.0%
21/42.5%15.4%
21/5-5.9%22.0%
21/66.2%22.6%
21/7-1.5%11.6%
21/8-3.2%9.3%
21/9-5.4%-2.3%
21/101.1%-4.7%
21/117.2%5.4%
21/12-1.0%2.7%
22/1-1.3%-0.9%
22/20.1%0.2%
22/30.3%-1.7%
22/4-1.3%-4.8%
22/5-7.2%-2.8%
22/68.9%-3.1%
22/71.0%-1.8%
22/82.7%5.1%
22/9-1.6%9.8%
22/10-2.6%3.7%
22/11-0.1%-1.3%
22/12-0.1%-2.8%
23/1-4.6%-2.3%
23/24.5%-0.6%
23/30.8%-0.7%
23/4-0.4%-0.3%
23/5-1.6%4.7%
23/62.0%-0.4%
23/7-2.0%-2.5%
23/80.0%-3.8%

【最近の傾向】

2021年6月に経済が再開された際に鉱工業生産指数は22.6%と大幅に上昇しました。

しかし、直近の数か月はマイナスになっており、経済の悪化の懸念が考えられます。

これは、経済の再開に伴う一時的な増加が後退したことを示唆しています。

これにより、経済の現状における懸念が浮上しています。

4.消費者信頼感

消費者が経済や個人的な財政状況に対する期待や信念を表す指標です。

消費者信頼感は経済の健全性や将来の経済見通しに
対する消費者の感じ方を示す重要な指標のひとつです

データ表(クリック)
2021数値2022数値2023数値
21/129.622/136.723/131.0
21/233.822/235.323/231.1
21/336.122/332.823/333.9
21/434.722/433.023/435.4
21/534.122/534.123/536.0
21/637.422/632.123/636.2
21/737.522/730.223/737.1
21/836.722/832.523/836.2
21/937.822/930.823/935.2
21/1039.222/1029.923/10 
21/1139.222/1128.623/11 
21/1239.122/1230.323/12 

【最近の傾向】

消費者信頼感は2021年から2023年にかけて上昇していましたが
その後は30~39の間を行ったり来たりしています。
特に最近では下向きの動きが見られ、景気が悪化している可能性が考えられます。

これは、消費者が経済の将来に懸念を抱いていることや
経済状況の不確実性が高まっていることを示唆しています。

このような消費者信頼感の動向は
消費行動や経済全体の健全性に大きな影響を与えることがあります。

5.消費者物価指数(CPI)前年比

CPIは、一般消費者が購入する商品やサービスの価格変動を示す指標です。

物価の動向を把握するために重要です。

エネルギーと生鮮食品の価格変動の影響を除いた指数がコアインフレ率です。

データ表(クリック)

2021CPIコア2022CPIコア2023CPIコア
21/1-0.6-0.622/10.50.223/14.34.2
21/2-0.4-0.422/20.90.623/23.33.1
21/3-0.2-0.122/31.20.823/33.23.1
21/4-0.4-0.122/42.52.123/43.53.4
21/5-0.10.122/52.52.123/53.23.2
21/60.20.222/62.42.223/63.33.3
21/7-0.3-0.222/72.62.423/73.33.1
21/8-0.40.022/83.02.823/83.23.1
21/90.20.122/93.03.023/9  
21/100.10.122/103.73.623/10  
21/110.60.522/113.83.723/11  
21/120.80.522/124.04.023/12  

【最近の傾向】

日本はデフレ状態にあった国でした。

2021年から物価が上昇し続け
2023年の1月にピークを迎えた後、鈍化傾向にあります。


この状況で物価が維持されるならば、経済は良くなる可能性が考えられます。
ただし、もしデフレに戻ってしまうようならば、経済は再び悪化する可能性があります。

6.生産者物価指数(PPI)前年比

一方、生産者物価指数(PPI)は、生産者が商品を生産する際に使用する原材料や資源の価格変動を示す指標です。この指数は、商品を作るために必要な物資の価格変動を反映しており、CPIの先行指標となることがあります。生産者物価指数の動向も経済の健全性を把握する上で重要な指標の一つです。

データ表(クリック)
2021前月比前年比2022前月比前年比2023前月比前年比
21/10.6-1.522/10.89.023/10.09.5
21/20.5-0.622/20.99.423/2-0.38.3
21/31.01.222/30.99.323/30.17.4
21/40.93.522/41.39.823/40.35.8
21/50.74.822/50.09.323/5-0.75.1
21/60.84.922/60.99.423/6-0.14.1
21/71.25.622/70.89.523/70.13.4
21/80.15.622/80.49.823/80.33.2
21/90.56.222/90.910.423/9  
21/101.18.022/101.09.723/10  
21/110.78.922/110.810.023/11  
21/120.28.622/120.610.623/12  

【最近の傾向】

2021年から生産者物価指数が急激に上昇し始め
2022年には9%以上上昇し続けていました。

この水準で上昇しているにもかかわらず
消費者物価指数(CPI)はそこまで上昇していなかったことを考えると
生産者が値上げを行わずに負担していた可能性があります。

しかし、2023年に入ると急激に生産者物価指数は低下しています。
この状態が続くことで物価の上昇が収まっていく可能性が考えられます。
これにより、経済の安定が期待されますが、物価の変動には慎重に注意する必要があります。

7.賃金上昇率

賃金上昇率は、労働者の賃金が特定の期間内でどれだけ上昇しているかを示す指標です。これは労働市場の健全性を評価する重要な要素の一つであり、労働者の経済的な状態を理解するためにも利用されています。

データ表(クリック)
2021前年比2022前年比2023前年比
21/1-1.3%22/11.1%23/10.8%
21/2-0.1%22/21.2%23/20.8%
21/30.6%22/32.0%23/31.3%
21/41.4%22/41.3%23/40.8%
21/51.9%22/51.0%23/52.9%
21/60.1%22/62.0%23/62.3%
21/70.6%22/71.3%23/71.1%
21/80.6%22/81.7%23/81.1%
21/90.2%22/92.2%23/9 
21/100.2%22/101.4%23/10 
21/110.8%22/111.9%23/11 
21/12-0.4%22/124.1%23/12 

【最近の傾向】

日本は賃金が上がらない事が問題でしたが

2022年は上がる年でしたが、インフレ率に対しては
賃金の上昇が低く、実質使えるお金は少なくなっていると考えれます。

8.PMI(購買担当者景気指数)

PMIは、製造業やサービス業の景気を示す指標です。

50を超えると景気が拡大していることを示し、50未満だと縮小を示します。

データ表(クリック)
2021年製造業サービス業2022年製造業サービス業2023年製造業サービス業
21/149.846.122/151.747.623/150.752.3
21/251.446.322/250.644.223/250.654.0
21/352.748.322/350.549.423/350.555.0
21/453.649.522/450.550.723/450.555.4
21/553.046.522/550.651.723/553.055.9
21/652.448.022/649.954.023/652.454.0
21/752.447.422/749.750.323/752.453.8
21/852.742.922/849.649.523/849.654.3
21/951.247.822/950.352.223/948.553.8
21/1051.050.722/1050.353.223/10  
21/1152.253.022/1149.850.323/11
21/1252.652.122/1250.651.123/12  

【最近の傾向】

製造業は50付近を推移していました。

しかし、ここ最近の2か月では50を下回っており、経済の悪化が懸念されます。

9.機械受注

小売売上高は、小売業の売り上げ額を示す指標です。

消費者の支出傾向を示し、景気の動向を知る手がかりとなります。

データ表(クリック)
2021年前月比前年比2022前月比前年比2023前月比前年比
21/1-4.5 %1.5%22/1-2.0 %5.1%23/19.5%4.5%
21/2-8.5 %-7.1 %22/2-9.8 %4.3%23/2-4.5 %9.8%
21/33.7%-2.0 %22/37.17.6%23/3-3.9 %-3.5 %
21/40.6%6.5%22/410.819.0%23/45.5%-5.9 %
21/57.8%12.2%22/5-5.6 %7.4%23/5-7.6 %-8.7 %
21/6-1.5 %18.6%22/60.96.5%23/62.7%-5.8 %
21/70.9%11.1%22/75.312.8%23/7-1.1 %-13.0 %
21/8-2.4 %17.0%22/8-5.8 %9.7%23/8  
21/90.0%12.5%22/9-4.6 %2.9%23/9  
21/103.8%2.9%22/105.40.4%23/10  
21/113.4%11.6%22/11-8.3 %-3.7 %23/11  
21/123.6%5.1%22/121.6-6.6%23/12  

【最近の傾向

最近の動向を見ると、製造業のPMIは50付近を推移していました。

しかしながら、ここ最近の2か月間は50を下回っており、経済の悪化が懸念されています。

このような状況では、景気の落ち込みを抑えるために適切な対策を取ることが重要です。

景気の動向は国内外の様々な要因によって影響を受けるため
経済の変動を正確に把握し、対策を講じることが必要です。

10.中央銀行政策金利

中央銀行政策金利は、中央銀行が設定する金利のことです。

金利の変動は経済全体に大きな影響を与えます。

データ表(クリック)
2021金利2022金利2023金利
21/1-0.1%22/1-0.1%23/1-0.1%
21/2-0.1%22/2-0.1%23/2-0.1%
21/3-0.1%22/3-0.1%23/3-0.1%
21/4-0.1%22/4-0.1%23/4-0.1%
21/5-0.1%22/5-0.1%23/5-0.1%
21/6-0.1%22/6-0.1%23/6-0.1%
21/7-0.1%22/7-0.1%23/7-0.1%
21/8-0.1%22/8-0.1%23/8-0.1%
21/9-0.1%22/9-0.1%23/9-0.1%
21/10-0.1%22/10-0.1%23/10 
21/11-0.1%22/11-0.1%23/11 
21/12-0.1%22/12-0.1%23/12 

【最近の傾向】

日本の金利政策は、物価上昇が低い状況を踏まえて、金利を上げる方向ではなく
むしろマイナス金利の状態を維持しています。

この政策は、消費者の支出を促し、経済全体の活性化を図るために採られています。

中央銀行は、インフレ率や経済全体の状況を綿密に監視し、適切な金融政策を実施しています。

11.為替

ユーロ/ドルの推移です。

データ表(クリック)
期間ドル/円ドル/円
21/1103.250.20%
21/2104.911.61%
21/3106.701.71%
21/4110.793.83%
21/5109.42-1.24 %
21/6109.590.16%
21/7111.451.70%
21/8109.51-1.74 %
21/9110.290.71%
21/10111.190.82%
21/11114.262.76%
21/12113.08-1.03 %
22/1115.081.77%
22/2114.72-0.31 %
22/3114.850.11%
22/4122.426.59%
22/5129.916.12%
22/6129.43-0.37 %
22/7135.364.58%
22/8132.25-2.30 %
22/9139.305.33%
22/10145.174.21%
22/11147.241.43%
22/12136.44-7.33 %
23/1130.79-4.14 %
23/2129.83-0.73 %
23/3135.674.50%
23/4133.26-1.78 %
23/5136.662.55%
23/6139.542.11%
23/7144.743.73%
23/8142.74-1.38 %
23/9145.531.95%
23/10149.732.89%
23/11  
23/12  

【最近の傾向】

インフレーションが起こると通貨の価値が下がる傾向にあることを反映しています。

一方で、金利が各国で上昇していることが為替の動きに影響している可能性もあります。

日本円の価値変動に影響を与えています。
過去数ヶ月間、日本円は売られる傾向にあり、円安の状況が続いています。

この程度の通貨安は日本の経済にとってはプラスですが
物の値段は上がってしまう為、国民には苦難を与える事になります。

12.日経平均物価

日経平均株価は、日本の代表的な株価指数の一つで
日本の株式市場全体の動向を示す重要な指標です。

データ表(クリック)
期間日経平均前月比
21/127,6630.80%
21/228,9664.71%
21/329,1780.73%
21/428,813-1.25%
21/528,8600.16%
21/628,792-0.24%
21/727,284-5.24%
21/828,0902.95%
21/929,4534.85%
21/1028,893-1.90%
21/1127,822-3.71%
21/1228,7923.49%
22/127,002-6.22%
22/226,527-1.76%
22/327,8214.88%
22/426,848-3.50%
22/527,2801.61%
22/626,393-3.25%
22/727,8025.34%
22/828,0921.04%
22/925,937-7.67%
22/1027,5876.36%
22/1127,9691.38%
22/1226,095-6.70 %
23/127,3274.72%
23/227,4460.43%
23/328,0412.17%
23/428,8562.91%
23/530,8887.04%
23/633,1897.45%
23/733,172-0.05 %
23/832,619-1.67 %
23/931,858-2.34 %
23/1030,994-2.71 %

【最近の傾向】

日本の株はこの数年でかなり価格をあげました。

30年間横ばいだった事もあり、バブル前の水準まで戻ってきています。

止まっていた分、大きく成長する事が期待されます。

最後に

この記事は、日本の経済の分析を通じて経済指標に関する情報を提供しておりますが
投資に関する意思決定においては、ご自身の判断とリスクを理解した上
行動されることを強くお勧めいたします。

経済指標は経済の健全性を示す手がかりではありますが
経済や投資に関する情報は常に変動する可能性がありますので
最新の情報を入手し、慎重な意思決定をお願いいたします。

うさぎ
うさぎ

最後まで読んでいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました