経済指標 経済の基本を理解する12の重要な指標

経済指標
ムンちゃん
ムンちゃん

経済指標??

うさぎ
うさぎ

経済の動向がわかる指標です。

未来がわかれば、投資の失敗や予期せぬ問題に巻き込まれることはありません。

ただし、未来を正確に予測することは不可能です。

それでも、未来の手がかりとなる指標がいくつか存在し

これらを確認することで未来をある程度予測することができます。

例えば、インフレ率がが増えている場合、以下のような連鎖的な影響が考えられます。

1.物価が上昇する

2. 賃金が上昇する

3. 経済過熱状態になる

4. 経済を冷ますために中央銀行が政策金利を上げる

5. 銀行からお金を借りるときの利子があがる

6.住宅ローンの変動金利が上がる

こうした長期的な予測は経済の基本的な動きを理解することで可能です。

経済の動向を把握するためには、重要な経済指標を知ることが大切です。

初心者の方にもわかりやすく、専門用語を使わずに、経済指標の基本について紹介します。

この記事を読むと確認するべき12つの指標の事がわかります。

うさぎ
うさぎ

簡単に説明しますので最後まで読んでみて下さい

経済指標とは何か?

経済指標は、経済の健全性や成長を測るための数字やデータです。

これらの指標は、消費者の行動や産業の動向などを示しており、経済の状態を分析する際に非常に役立ちます。

経済の基本を理解する12の重要な指標

1. GDP(国内総生産)

GDPは国の経済活動全体の価値を示す指標です。

国内で生み出されたすべての商品やサービスの総額を表します。

GDPの成長率は、経済の健全性を示す重要な要因です。

2. 失業率

失業率は、労働力人口のうち雇用されていない割合を示します。

経済の景気や雇用状況を把握するための重要な指標です。

3. インフレ率

インフレ率は物価の上昇率を示し、消費財の価値がどれだけ減少しているかを示します。

高いインフレ率は経済への影響が大きいことがあります。

4. 貿易収支

貿易収支は、輸出と輸入の差額を示す指標です。

プラスの収支は輸出が輸入を上回っていることを示し、マイナスの収支は逆を意味します。

5. 消費者物価指数(CPI)

CPIは、一般消費者が購入する商品やサービスの価格変動を示す指標です。

物価の動向を把握するために重要です。

6. 生産者物価指数(PPI)

PPIは、生産者が生産する際の原材料や資源の価格変動を示す指標です。

生産者側の物価動向を反映しています。

7. PMI(購買担当者景気指数)

PMIは、製造業やサービス業の景気を示す指標で、50を超えると景気が拡大していることを示し、50未満だと縮小を示します。

8. 建設支出

建設支出は、公共事業や住宅建設などの建設活動の支出額を示す指標です。

景気の活況を反映する要因の一つです。

9. 小売売上高

小売売上高は、小売業の売り上げ額を示す指標です。

消費者の支出傾向を示し、景気の動向を知る手がかりとなります。

10. 賃金上昇率

賃金上昇率は、労働者の賃金がどれだけ上昇しているかを示す指標です。

労働市場の健全性を示す要因の一つです。

11. 中央銀行政策金利

中央銀行政策金利は、中央銀行が設定する金利のことです。

金利の変動は経済全体に大きな影響を与えます。

12. 株価指数

株価指数は、株式市場の動向を示す指標です。

経済の健全性や投資環境を反映する要素となります。

これらの経済指標を理解することで、経済の基本的な動向や健全性を把握する手助けとなるでしょう。

うさぎ
うさぎ

最後まで読んでいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました