16年ぶりの高金利!!米国債チャンス!!

投資

こんにちは。

うさぎ
うさぎ

最近、米国債の金利がかなり高くなってる事を知っていますか?

ムンちゃん
ムンちゃん

そうなの?安全なの?

ほかの国債や債券の金利も高いものはありますが、長期米国債は「安全資産」として有名なんです。そして、その金利が5%を超えるのは、2007年以降では16年ぶりのことなんです。

一方で、株の配当金が5%を超えるのはなかなか難しいものです。もし見つかったとしても、リスクが高いことが多いんですよね。

そこで、今回は初心者の方にもわかりやすく
米国債について説明していきますね。どんなことでも質問してください。

米国債とは何か?

米国債は米国政府が発行する債券であり
債券購入者には一定期間ごとに利息が支払われます。

米国債は、安定した収益と相対的に低いリスクを提供する投資商品として知られています。

ちなみに米国債の安全度を評価する大手3社の格付けはAA+~AAAとなっています。
格付けの一番上はAAAなのでかなり安全資産と言えます。

米国債への投資のメリットとリスク

米国債への投資は、安定した収益を追求する投資家にとって魅力的です。

政府の信用力によって支えられているため、リスクが比較的低いとされています。

ただし、利回りは他の投資商品に比べて低い場合もありますが
現在は高金利となっており、安全で高利益をもたらしています。

米国債への投資方法

現物投資

米国債への投資はまず「現物投資」が一般的です。
これは直接米国債を購入することを意味します。

個人的には現物投資をおすすめです。

メリット

満期まで持っていれば元本でが返ってくる。

デメリット

売買申請をしてから実際に取引が完了するまで時間が掛かるため
利率や為替が変わってしまう可能性があります。

上場株式(ETF)

米国債と連動する上場株式(ETF)を購入することもできます。
これにより、投資家は米国債に投資する利便性を享受しながら
株式市場の動向にも敏感に対応できます。

メリット

購入時のタイムラグが現物と違ってない為
売買が簡単に行えます。

デメリット

・満期がなく、購入時より、利率が上がった場合価値が下がり
原本が返ってこない可能性がある
・金利が現物より低い

米国債の種類

発行される期間による違い

米国債は発行される期間によって異なる種類が存在します。

短期米国債、中期米国債、長期米国債などがあり
これらの期間によって利率が異なります。

一般的には、長期の債券ほどより高い利率が付与される傾向がありますが
中には短期の債券でも高金利が提供される場合もあります。

利子の支払いの違い

利付債

利付債は定期的に利息が支払われるタイプの米国債です。
投資家にとっては、定期的な収入が期待できる一方で
利益に対する税金がかかるという欠点があります。

ゼロクーポン

一方、ゼロクーポン債は定期的な利息の支払いはなく
利子が複利に回らないため、税金が後からかかるという特徴があります。

しかし、利子にかかる税金が元金に影響しないため、最終的な支払い額は利付債よりも高くなる可能性があります。この点を考慮して、投資家は自身の投資目的に合った選択をすることが重要です。

実際の購入方法について

別ページに購入方法を説明しますので下記のリンクより移動してください。

米国国債 現物購入方法 SBI証券Ver

米国国債連動 上場株式(ETF)購入方法

最後に

米国債に関する取引に際して、投資家の皆様には自己責任を持って行動していただくことが重要です。米国債取引は投資の一形態であり、リスクが伴います。以下の事項をよく理解した上で取引を行ってください。

  1. 投資リスクへの理解: 米国債取引は投資リスクが存在します。金利の変動、市場の変化、および経済の動向によって、投資元本に損失が生じる可能性があります。
  2. 適切な情報収集: 取引を行う前に、米国債に関する適切な情報収集を行ってください。債券の格付け、利回り、満期日などの詳細情報を確認し、投資に対する適切な判断を下してください。
  3. 市場の変動への対応: 市場の変動は予測不可能な要因を含みます。投資家は市場の変動に対応できる資金と戦略を持つことが重要です。
  4. 専門家の助言の利用: 投資に関しては専門家の助言やアドバイスを利用することが有益です。金融アドバイザーや投資顧問との相談を通じて、より良い取引戦略を立てることができます。
  5. 自己の投資目標に合わせた取引: 投資は個々の投資目標に応じて行うべきものです。自身の投資目標やリスク許容度に合わせて、適切な投資戦略を検討してください。

米国債取引におけるリスクを理解し、慎重かつ綿密な検討の上で取引を行うことが重要です。ご自身の財政状況や投資目標に応じた適切な判断を行うようお願いいたします。

うさぎ
うさぎ

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました